Devil’s Corner PINOT NOIR、オーストラリア

ワインレビュー
スポンサーリンク
Devil’s Corner PINOT NOIR
産地 : オーストラリア(Tasmania)
種類 : 赤,スティル
品種 : Pinot Noir 100%
年    : 2018
度数 : 13.0%
価格 : \2,178
購入店 : 京橋ワイン
輸入者 : 株式会社 都光

外観

透明な輝きのある、やや明るいルビー色。
エッジの紫はとれかかっており、多少の経年を感じさせる。
粘性は中程度。傾けると滲んだアーチが見られる。
まだ若い部類に入る状態。

香り

香りはしっかりと感じられる。
ブルーベリーやイチゴと言った果実、スミレのような赤い花。
キノコや紅茶といったニュアンスも少々。
まだ熟成感はなく若々しいが、開いた状態にあると言える。

味わい

アタックはソフト。
爽やかな酸と、仄かな果実の甘みが前に出ている。
緻密なタンニンと穏やかなアルコールも感じられ、繊細なバランス
余韻は短め。舌に甘酸っぱさと、ヴェジタルなタンニンが静かに残る。

総評

フルーティーでバランスのとれたミディアムボディ。
供出温度は18度以下、グラスは中~大ぶりのものがよいだろう。
デカンタージュはなくても飲めるが、した方が苦みが大人しくなり、より華やかな甘みが感じられるようになるのではないだろうか。

本場フランスに肉薄するクオリティのピノ・ノワールが山ほど生み出されているタスマニア
寧ろコストパフォーマンスだけで言えば、既に本場を凌駕しているかもしれない。
この1本も正にそれを体現する、2000円台とは思えないほど整った味わいである。
細かい話までするならば、フランスよりはややシャープでクールな印象。おそらく、タスマニアという冷涼な土地が生み出す個性なのだろう。
主張しすぎない仄かな甘みがとても上品。合わせて感じられる草の香りと合わせると、まさしく野イチゴの様である。
料理に合わせるというよりは、アペリティフとしていただく方が存在感を残せると思われる。

満足度 : ★★★☆☆

https://www.kbwine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000007688&search=%A5%C7%A5%D3%A5%EB%A5%BA&sort=

 

 

本文後のタグから、同じようなワインに飛べるようになっています。
また、インデックス頁から俯瞰した閲覧もできます。↓

ピノ・ノワール大好きです!他のワインも是非ご覧ください。

ワインレビュー・インデックス
当ブログ内・ワインレビュー記事のインデックスです。 満足度、生産年、価格帯、生産地、葡萄品種、販売店、輸入会社といったタグから、同じ系統のワイン記事をフィルタリングすることができます。 タグは100以上あり、随時拡充していってます。お好きなワインが見つかれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました