LIPOVAC TELLUS、モンテネグロ

ワインレビュー
スポンサーリンク
LIPOVAC TELLUS
産地 : モンテネグロ
種類 : 赤、スティル
品種 : ヴラナツ 100%
年    : 2015
度数 : 15.0%
価格 : \5,060
購入店 : 大丸東京店 世界の酒とチーズフェスティバル 2020
輸入者 : 株式会社 駒形前川

外観

やや濁った濃いめのルビー色。
エッジの紫はとれており、若々しくはない、既に数年の年期を感じさせる。
粘性は非常に強く、グラスを傾けるとそれに合わせてに跡が残るほど。
重厚なワインであることが一目で分かるだろう。

香り

ブラックチェリー、ブラックベリーといった黒い果実の第一アロマ。
コーヒー、杉など深い森の様な匂い。
抜栓直後でも香りはしっかりと感じられるが、まだ開ききってはいない印象。

味わい

アタックは強め、爽やかな酸とまろやかな果実の甘み。
骨格がありタンニンも豊か、アルコールのヴォリュームも大だが、
酸とのバランスが良くフルボディとしては比較的飲みやすい。
余韻は長い。ハードボイルドな苦みと渋みが舌の奥に燻る。

総評

非常に力強くヴェジタルであり、バーで葉巻を燻らせるような貫禄のあるワインである。
供出温度は18度以上、大ぶりなグラスを用意するとよい。
デカンタージュしなくても飲めるが、開いた味を楽しみたいならば、
1hほど早く抜栓しておくべきだろう。
開いた状態になれば、果実、酸、タンニンが渾然一体となった深い味わいに満たされる。

 

バルカン半島の土着品種であるヴラナツを3ヶ月の間、
アンフォラという壺で熟成させている。そのため樽香がついていない。
加えてバイオダイナミック農法を採用していることもあってか、
ヘヴィながら意外にもストレートに果実の味わいを感じられる。
それだけでかなりヨーロッパワインとはかなり印象が異なることが面白い。

 

身近なワインを飲み尽くし、レアな逸品を求める上級者向けと言えるワインである。

 

満足度 : ★★★☆☆

 

Lipovac Tellus Amfora 2015
Hedonism is a fine wine & spirits boutique which has already become the most talked about wine project of recent times. Established in August 2012 & located in ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました