ル・レーヴ・ワイナリー Endless Story 2020、日本

ワインレビュー
スポンサーリンク
ル・レーヴ・ワイナリー Endless Story 2020
産地 : 日本(北海道、余市町)
種類 : 白,スティル
品種 : Kerner 100%
年    : 2020
度数 : 11.5%
価格 : \3,620
タイプ : 辛口・すっきり
購入店 : 越前屋
輸入者 : 株式会社レーヴ・ワイナリー

外観

澄んだ輝きの淡いレモンイエロー。
粘性は弱め。傾けてもアーチは見られない。
まだ年月を経ていないことを思わせる、フレッシュな外観。

香り

香りはしっかりと感じられる。
レモンやライムといった果実、すいかずらのような小ぶりの花。
酸を豊かに感じられ、若々しい印象。

味わい

アタックの強さは中程度。
溌剌とした酸、まろやかで自然な柑橘を思わせる甘みと、穏やかだが厚みのあるアルコールがバランス良く成立している。
コクを与える上品な苦味も。
余韻はやや短め。甘酸っぱさを奥歯のあたりにじんわりと感じられる。

総評

フレッシュ&フルーティでバランスの取れたミディアムボディ。
供出温度は11~14度、グラスは小~中庸な物でよいだろう。
デカンタージュは不要。抜栓してすぐに楽しむことができる。

余市で育てた自社葡萄を、北海道・空知の10Rワイナリー委託醸造して作られたワイン。
2020年からは自社施設での醸造が始まっているようで、委託醸造としては最後のワインになるようだ。

飲んでみて、良い意味で一般ウケを狙わない、硬派な作品だなと感じた。
リーズナブルな白ワインによくある手法としては、醸造を短くし甘く仕上げる、シュール・リー製法によりインパクトを出す、アサンブラージュにより複雑さを出す、といったものが考えられ、実際北海道の人気ワインの多くはそれを行なっている。
しかし本作はそのいずれにも該当しない。単一品種、その味わいを飾らずそのままワインにしました、というような、なんとも誠実な印象を受ける一本である。
瓶底に残った大量の酒石酸カリウムも、そんな誠実さを裏付ける物証と言えるだろう。

満足度 : ★★★☆☆

https://www.cavederelax.com/shopdetail/000000018059/all_items/page1/order/

 

 

本文後のタグから、同じようなワインに飛べるようになっています。
また、インデックス頁から俯瞰した閲覧もできます。↓

日本ワインは北海道に偏りまくってますが・・・他のレビューも是非ご覧ください。

ワインレビュー・インデックス
当ブログ内・ワインレビュー記事のインデックスです。 満足度、生産年、価格帯、生産地、葡萄品種、販売店、輸入会社といったタグから、同じ系統のワイン記事をフィルタリングすることができます。 タグは100以上あり、随時拡充していってます。お好きなワインが見つかれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました