Clos de los Siete、アルゼンチン

ワインレビュー
スポンサーリンク
Clos de los Siete
産地 : アルゼンチン(Mendoza)
種類 : 赤,スティル
品種 : Malbec 54%, Merlot 18%, Cabernet Sauvignon 12%, Syrah 12%, Petit Verdot 3%, Cabernet Franc 1%
年    : 2016
度数 : 14.0%
価格 : \3,938
タイプ : 辛口・ふくよか
購入店 : 京橋ワイン
輸入者 : 株式会社JALUX

外観

澄んだ輝きの濃いガーネット。
エッジにはまだ紫が残り、若々しい。
粘性は中程度。傾けると滲んだアーチとなる。

香り

香りはしっかりと感じられる。
カシス、ブルーベリーと行った果実、スミレといった赤い花。
甘草、血液のようなニュアンスも感じられるが、表立っているというほどではない。
第一アロマが主体、ベリーの甘く陽性な香り。

味わい

アタックは強め。
爽やかな酸、厚いアルコールと、自然な果実の甘み。
タンニンは緻密で飲みやすいが、存在感がある。
力強さ寄りにバランスのとられた味わい。
余韻はやや長め。ヴェジタルな喉越しが暫く感じられる。

総評

濃縮し力強くも、果実味も感じられるフルボディ。
供出温度は18度前後、グラスは中よりは大ぶりのものが良いだろう。
デカンタージュすることを推奨。或いは抜栓から1hほど置いた方が、果実味が前にでて味わいやすくなる。

かの有名なシャトー・ル・パンの醸造家が「グランヴァン・レベルの品質のものを、そこそこの数量で生み出し、手頃な価格で世界に供給する」というコンセプトで作るバリューワイン。
その触れ込みに違わず、本格ボルドーを思わせる硬派な味わいと言えよう。
ただし、カベソーの比率が低い事からも想像できるように、血やなめし皮を思わせる如何にもなボルドーを期待すると、ややイメージと違うかもしれない。
あくまでマルベックとメルローという中性的な味わいの品種によって作られた、丸みのある味わいの作品である。

故に、ワイン単独で楽しむには少々物足りなさが残るかも知れない。
ビターなチョコレートと一緒に食べるなどすると、果実の甘さが際立ち、より楽しめるのではないだろうか。

満足度 : ★★★☆☆

https://www.kbwine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000009939&search=%A5%B7%A5%A8%A5%C6&sort=

 

 

本文後のタグから、同じようなワインに飛べるようになっています。
また、インデックス頁から俯瞰した閲覧もできます。↓

他に色々な国のワインをレビューしています。是非ご覧ください。

ワインレビュー・インデックス
当ブログ内・ワインレビュー記事のインデックスです。 満足度、生産年、価格帯、生産地、葡萄品種、販売店、輸入会社といったタグから、同じ系統のワイン記事をフィルタリングすることができます。 タグは100以上あり、随時拡充していってます。お好きなワインが見つかれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました