映画評

その他エンタメ

劇団四季の「オペラ座の怪人」は何が凄いのか?を検証してきた

劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。 「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」のキャッチコピーの通り、素晴らしく引き込まれる舞台でした。 が、元々はシナリオも音楽もあるお題目、「劇団四季らしさ」とはなんだったのか?...
その他エンタメ

「屍人荘の殺人」を小説・漫画・実写映画で見比べてみた結果→映画なんてなかった

小説「屍人荘の殺人」を読みました。 ミステリとしては異端と言ってもいい、かなり特異な作風でしたが、さすが「このミス」を獲るだけあり、非ッ常に面白かったです。 あまりに面白かったので、漫画や映画も見てみました。改めて、各種メデ...
映画評

映画「真夏の方程式」を数式っぽく読み解いてみたよ

映画ガリレオシリーズ9年ぶりの新作「沈黙のパレード」が2022年公開、というニュースがありました。 私的に、ごく最近見た「容疑者Xの献身」が大変面白かったので、新作も大いに期待しているところであります。 ...
映画評

amazonオリジナル映画「トゥモロー・ウォー」は、『未来人が脳筋すぎて世界がヤバい』という話でした

2021年7月2日公開のamazonオリジナル映画「トゥモロー・ウォー」を観ました。 (カタカナで書くとなんともダサいですね。「The Tomorrow War」です。) amazonオリジナルとは言いながら、独自スタッフで...
映画評

映画「プレステージ」のドキドキ感のタネは何だったのかを考えた日

amazonのPrimeVideoで、映画「プレステージ」を観ました。 事前に「超面白い」と聞いていたので、ハードルは非常に高い状態で臨んだはずだったのですが、 それを裕に越えてくるくらい面白かったです。 正直、マジッ...
映画評

映画「パルプ・フィクション」というセンスしかないナンセンス

1994年公開の映画「パルプ・フィクション」を観ました。 監督はクエンティン・タランティーノ。当作品は当時、非常に画期的な構成で映画ファンから高い評価を受け、1994年のアカデミー賞で7部門にノミネートし脚本賞を受賞、カンヌ国...
映画評

映画「容疑者Xの献身」はミステリというより失恋の物語だよね、という逆張り考察

amazon PrimeVideoで、余りにも今更ですが、2008年公開の「容疑者Xの献身」を観ました。 この原作小説は当時、「本格ミステリか否か」の論争があったそうですね。そして議論の果て、結局現在は「本格ミステリで...
映画評

映画「1917」のワンカットだけではない魅力

amazon Primeで、映画「1917」を観ました。 「1917 感想」などでググると、 「ゲーム(FPS)の様な一人称視点が凄い!」 「リアルタイムで展開されるストーリーは、もはや鑑賞ではなく疑似体験!」 といった...
映画評

映画「ショーシャンクの空に」は聖書的な作品だと思う、という考察

AmazonPrimeで、名作と名高い映画「ショーシャンクの空に」を鑑賞しました。 確かに、派手でなく、奇を衒うでもなく、それでいて厳か、王道にして非常に説得力がある、「名作」と呼ぶべき映画だなと感じました。 内容とこの映画...
タイトルとURLをコピーしました