オリンピック批判の記事を見る度に思う「日本人脳」

ニュースコメント
スポンサーリンク

2021年に入って、「日本人の、他人の得が許せない気質」を揶揄した「日本人脳」という言葉がメディアに流れました。
インパクトのある言葉だけに、twitterでも多くのリプライがされていました。
大方の意見としては「主語を大きくするな」「国籍差別だ」等と、日本人から日本人へのヘイトスピーチと捉えらえた否定的な意見が多かったように思います。

世界でも日本人は突出して「いじわる」!? ヤマザキマリと中野信子が“日本人脳”を分析した結果… | ダ・ヴィンチニュース
日本人は、海外の人から「礼儀が正しい」「親切だ」などと賞賛されがちだ。だが、日本人として日本に長く暮らしていると、日本人の秘められた性格の悪さとい…
幸せそうな人を見るとモヤっとする...相手が得するのを許せない日本人脳 | mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私へ、小さな一歩!(1/6)
長引くコロナ禍で、職場や家族といった身近な人間関係で悩みを抱える人が少なくありません。脳科学者で医学博士の中野信子さんはその理由のひとつを、人間の脳は近づきすぎると傷つけ合うようにもセットされているから、と分析します。そのうえ、人は何かと比較しないと幸福を感じられないのだとか。そういうちょっと残念な脳の性質を知れば、負...

かく言う私もこの言葉は嫌いでして、わざわざ「日本人」に限定するあたり、特定思想を持つ集団の悪意なのでは、などと思ってしまいます。

しかし、2021年6月22日にネットに踊った記事を読むと、
嗚呼、日本人って本当に病気なのかもな・・・と残念に感じてしまいました。

オリンピックは自粛するべきなのか

販売契約のアサヒビール「コメントできない」。五輪会場で『酒類販売を容認』と報道
同社は「正式に発表されていないので、コメントする立場にない。組織委の動向を見ているという立場です」と説明している。
販売契約のアサヒビール「コメントできない」。五輪観客に『酒類販売を容認』と報道(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整していると報じられ、波紋が広がっている。 6月21日に共同通信が関係者の話として報じた。時間帯を制限するとみら

一言でまとめると、「飲食店をやり玉に自粛だの酒類禁止だの言ってきて、なんでオリンピックは酒類OKなの!?」と炎上した、というもの。
「国民や飲食店に我慢を強いていながら、五輪なら許されるのか」ですって。

私は1月に自分の日記に書いたとおり、「コロナを過剰に重大視し、経済を止めるべきではない」という考えでいます。
それが正しいのかどうかはさておき、今もその考えは変わっていません。

私見:我々はコロナにどう向き合うべきか
コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、 2021年1月7日、1都3件で再び緊急事態宣言が発令されました。 私も身近な人にも陽性判定が出るなど、拡大が実感できるところまで来ているこの頃です。 真実は一つとは限らず、様々な側面...

なので、オリンピックの開催自体をおかしいとは思いません
・海外からの渡航はもっと制限する
・医療従事者への補償を厚くする
という点について課題ありとは思いつつも、開催までにワクチン普及も進みますし、無観客化や厳重な消毒を行なう事で対策になるのであれば、開催して経済を回せばいいと思います。

寧ろおかしいのは、飲食業を中心にターゲッティングされた、見当違いの過剰な規制の方だと考えます。
オリンピックが開催できるくらいまで落ち着いてきているんですよね、だったら飲食業もライブなどの興行も問題ありませんよね、じゃあすぐ規制解除してくださいよ、と思うのです。

つまりは、「全業種的な酒類の解禁」と「オリンピックでの酒類自粛」を並べたとき、前者を取るべきではないのか、ということです。節度のある人は酒の有無に関わらずしっかりと対策していますし、逆に言えば規制したところで路上で飲酒に浸るような輩はなくなりません。だったら経済を止めるだけ損だと、真面目な経営者ばかりが泣きを見る現状はおかしいと思うのです。だから、非難されるべきはオリンピック側ではなく、自粛要請を解かない国や自治体だと思うのです。

“宣言”解除 飲食店の営業時間・酒類提供 どうなる? | NHKニュース
【NHK】緊急事態宣言の解除に伴い、政府は、新型コロナウイルス対策の基本的対処方針を変更し、まん延防止等重点措置に移行した地域では…

しかし、そういう考えはメジャーではないようで、寧ろ「オリンピックも自粛しろ!」という人の方が多いように思えてしまいます

アサヒビール大炎上…東京オリンピック会場での酒類販売が認められる事について丸川珠代五輪相「大会の性質上、スポンサーのアサヒビールの存在がどうしてもある」 : ハムスター速報

オリンピックを批判する人達は、例えばオリンピックは中止自粛は今年いっぱいに延長、その間飲食業もライブもスポーツも全て禁止、勿論酒の販売や路上飲酒も取り締まり対象20時以降の外出は控え続けてください、国にそう言われたら納得するのでしょうか?膨大な失業者、経済損失を出してでも全国民引き籠もれと、そう言いたいのでしょうか?本当にそう思っているのでしょうか?


※上記はコラ画像です。

そうでないのなら、何故飲食業の肩を持とうとするのではなく、オリンピックを叩こうとするのでしょうか?
それは、「他人の得が許せない気質」に依るものではないと、言えるのでしょうか。

終わりに

自分の意見を持つ事はとても大切な事だと思いますが、twitterやまとめサイトで誰かが書いた事をそのまま鵜呑みにすること安易に同調することは、自分の意見とは言えないと思います。

オリンピックが正しい事かどうか、今はまだ、答え合わせの時期ではないはずです。
まずは自分の事を省みてみようと思います。

蛇足

私が飲食業の肩を持ちたい理由として、
そもそも飲食業やライブ等の興行が原因で発生したクラスターはどの程度あったのか?
それは規制が必須な数と言えたのか?
その説明がないまま、度重なる緊急事態宣言や蔓延防止措置が取られた事に全く納得がいかない、ということがあります。
まして、どれくらいの期間続けてどのくらいまで感染が減ればよしとするのか、その根拠も一切提示されず、場当たり的にズルズルと延長を繰り返し、(明にそうは言わないものの)オリンピック開催目前であることを理由に延長を打ち切るという、無計画この上ない政策には、本当に失望しました。

感染防止策がワクチン頼みであることは責められませんが、こういった中身がないにも関わらず強要される自粛は、政治家の「私達はワクチンを待つ以外にも仕事をしています!」というポーズとしか思えません。
飲食や興行は、愚かな政治家による保身行為のスケープゴートにされているとしか思えません。
オリンピックを叩くよりもっと批判すべき事があるだろ、というのが、オリンピック記事を見る度に思う私の感想です。

飲食店、3割超が「廃業検討」 緊急事態宣言解除も先行き厳しく―商工リサーチ:時事ドットコム
東京商工リサーチが21日発表した新型コロナウイルスに関するアンケート調査結果によると、「廃業を検討する可能性がある」と答えた飲食店が33.9%に上った。前回4月調査から3.5ポイントの増加。感染防止策で東京都などに発令された緊急事態宣言が解除され、21日から条件付きで酒類提供が認められたが、先行きはなお厳しそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました