EMILIANA COYAM、チリ

ワインレビュー
スポンサーリンク
EMILIANA COYAM
産地 : チリ(Colchagua)
種類 : 赤,スティル
品種 : Syrah 43%, Carmenere 29%, Cabernet Sauvignon 12%, Mourvedre 5%, Petit Verdot 3%, Carignan 3%, Malbec 2%, Garnacha 2%, Tempranillo 1%
年    : 2017
度数 : 14.5%
価格 : \3,608
購入店 : 京橋ワイン
輸入者 : ワイン・イン・スタイル株式会社

 

外観

澄んだ輝きの濃いガーネット。
エッジには紫が残り、若々しい印象。
粘性は弱い。傾けてもアーチにならずに崩れる。

 

香り

香りは、グラスを覗かずとも香りが立ち上ってくるほど、しっかりと感じられる。
カシスやブラックベリー、メントールや甘草のスパイシーな香りが特に前に出ている。
まだ開ききっていない若々しい印象。

 

味わい

アタックは強め。
滑らかな酸、豊かな果実の甘み。スパイシーで豊満な味わい
タンニンは緻密で、主張はありながらも飲みにくさを感じさせない。
アルコールは豊かでヴォリューミー。
余韻はやや長め。果実の甘みとタンニンの渋みがバランス良く舌に染み込んでいく。

 

総評

豊かで複雑な味わいでヴォリューム感のある、ミディアムボディのワイン。
供出温度は18度以上、グラスは大ぶりのものが良いだろう。
デカンタージュはしなくともすぐに楽しめる。酸が気になるならすればよいだろう。

 

本場フランスのシラーは滑らかでエレガント、オーストラリアン・シラーズは瑞々しくスパイシー、というのが私の印象だが、
このチリのシラーは、どちらの要素も兼ね添えながら、更にヴェジタルや果実の甘みが上乗せされているような印象。
セパージュからも想像される通り、非常に複雑な味わいである。
味わいをパラメタを六角形のグラフにしたとき、全方向に高得点をとる感じというべきか。

 

3000円台ワインとしてはかなりの高クオリティである。
「シラーはかくあるべき」というクラシックスタイルに囚われない、アッパーで斬新的な切り口は、一通りのシラーを知っている中級者以上の方にこそ、より評価されるのではないだろうか。

 

満足度 : ★★★★☆

https://www.kbwine.com/item/wis0151/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました