書評

書評

小説「午前零時のサンドリヨン」は如何にして「城塚翡翠」に進化したかの考察

相沢沙呼のデビュー作「午前零時のサンドリヨン」を読みました。 「medium」で相沢沙呼作品にハマり、「invert」もまた最高に面白かったので、是非遡って「ビフォアー城塚翡翠」な作品にも触れてみたいと思ったためです。 ...
書評

高市早苗「美しく、強く、成長する国へ。」をノート1ページ分に要約してみた。

高市早苗 元総務大臣の最新著書「美しく、強く、成長する国へ。」を読みました。 現在(2021年9月)総裁選の真っ只中で、初の女性総理大臣を志すような方の頭の中には、どんな考えが詰まっているのかを知りたくなったためです。 凄ま...
その他エンタメ

「屍人荘の殺人」を小説・漫画・実写映画で見比べてみた結果→映画なんてなかった

小説「屍人荘の殺人」を読みました。 ミステリとしては異端と言ってもいい、かなり特異な作風でしたが、さすが「このミス」を獲るだけあり、非ッ常に面白かったです。 あまりに面白かったので、漫画や映画も見てみました。改めて、各種メデ...
書評

小説「invert 城塚翡翠倒叙集」これは間違いなく2021年優勝の作品、その魅力について

小説「invert 城塚翡翠倒叙集」を読了しました。 タイトルがそのまま素直な感想です。最ッ高に面白かったです。 今年イチどころか、過去に読んだ作品と比べても、これほど「完膚なきまでに叩きのめされた敗北感」を味わったものはな...
書評

小説「探偵ガリレオ」は90年代のDr.STONEだった説

小説「探偵ガリレオ」を、近所のブックオフで280円で購入しました。 オリジナル版は1998年に刊行されていることを思えば、今なお300円弱もの値段が付いている事は賞賛されるべきことでしょう。 本作品を読んだ感想について、書き...
書評

まだ始まったばかり!の注目漫画タイトル3選(2021年上期時点)

既刊5冊以内、まだ始まったばかり!キャッチアップするなら今!という3つの漫画タイトルを紹介します。「推しの子」「ティアムーン帝国物語」「異世界黙示録マイノグーラ」
書評

「もしドラ」は、如何にマネジメントが浸透していないかを啓発する物語だと思う

あまりにも今更ですが、2009年刊行の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(以下「もしドラ」)を読みました。 もう10年以上も前の作品ですが、今更読む価値がないのかと言えばそんなことはなく...
書評

「掟上今日子の鑑札票」のぶっ飛んだ魅力について

「掟上今日子の鑑札票」を(ほぼ)最速で読破しました。 今作はシリーズにおいて非常に重要なエピソードが語られる回でもあり、読み応え抜群で、大変、大っ変面白かったです。 この作品から感じたことを忘れないうちに、(自己)最速で感想...
書評

読書感想文:カズオ・イシグロ「日の名残り」

カズオ・イシグロの「日の名残り」を読みました。 一言で言えば、非常に美しい小説だったなと思います。 どういった点についてそう感じたのか、3つの観点から考察したので、書き残したいと思います。 なお以降は、読了済み...
書評

「がんばってるのになぜ僕らは豊かになれないのか」の要約と感想

井上 純一さんの「がんばってるのになぜ僕らは豊かになれないのか」を読みました。 前作・前々作も大変面白く、勉強になりましたが、 今作もためになる、是非とも世に知れ渡り、議論の的になってほしいものでした。 本の内...
タイトルとURLをコピーしました