APOLLONIO DIVOTO COPERTINO RISERVA 2012、イタリア

ワインレビュー
スポンサーリンク
APOLLONIO DIVOTO COPERTINO RISERVA 2012
産地 : イタリア(Puglia)
種類 : 赤,スティル
品種 : Negroamaro 70%, Montepulciano 30%
年    : 2021
度数 : 14.5%
価格 : \3,498
購入店 : 京橋ワイン
輸入者 : ワインキュレーション株式会社

外観

やや燻んだ艶のある深いガーネット。
エッジは僅かにブラウンに変わってきており、かなりの経年を感じさせる。
粘性は非常に強い。傾けるとアーチが架かり、かなりの時間をかけてラルムが見られる。
熟成した味わいが期待できる外観。

香り

香りははっきりと感じられる。
ブラックベリー、ダークチェリーといった黒い果実、牡丹といった赤い花。
杉の様な木々を彷彿とさせ、強くはないがコーヒーといったニュアンスも。
第二アロマ主体、深みのある陰性を思わせる香り。

味わい

アタックはかなり強め。
はっきりとした酸、リキュールのような凝縮された果実味強靱なタンニン厚いアルコール
いずれも力強く主張されているが、果実味を中心にまとまっており、バランスは良い。
余韻は長い。鼻から抜けるような果実味と、舌の奥にタンニンの残滓を長く感じられる。

総評

果実が力強く凝縮された、非常にリッチなフルボディ。
供出温度は18度前後、グラスは大ぶりのものがよいだろう。
デカンタージュは不要、抜栓してすぐ楽しめる。が、時間をおいて酸味を飛ばせば、よりスマートな味わいにも楽しめる。

このワインは、イタリアワインの良いところを、ほぼ全て網羅しているのではないだろうか。

・全方向に強い主張のある味わいで、充足感が高く評価ポイントが分かりやすい。
・抜栓してすぐに飲め、デキャンタージュなどの手間が不要。
・比較的安価。
更には明るいだけではない、シックで硬派な雰囲気を纏い、かといって鼻から抜ける香りは華やかでもある。高級感も申し分ない。
およそ非の打ち所のない、理想的なバランスの一本と言えるのではないだろうか。

DIVOTO=ディヴォート】とは【神に感謝する年】のことで、まさに神に感謝するかのような大当り年に造られた、造り手渾身の一撃とも言える傑作、とのこと。
大言壮語に偽りなしの、素晴らしいワインだと思う。

ただ、完璧ではない。京橋ワインの紹介ページに「甘みを伴うような 熟成感はまだ全開ではありません」とある通り、まだ圧倒的な爆発力を持つには至っていない。9年物でもまだ早いということだろうか。とんでもないな・・・
セラーに眠らせておき5~6年後に開けてみたら、また更に高い評価に変貌し得るのかもしれない。

満足度 : ★★★★☆

https://www.kbwine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010069&search=%A5%C7%A5%A3%A5%F4%A5%A9%A1%BC%A5%C8&sort=

本文後のタグから、同じようなワインに飛べるようになっています。
また、インデックス頁から俯瞰した閲覧もできます。↓

イタリアワインも拡張中!他のレビューも是非ご参考ください。

ワインレビュー・インデックス
当ブログ内・ワインレビュー記事のインデックスです。 満足度、生産年、価格帯、生産地、葡萄品種、販売店、輸入会社といったタグから、同じ系統のワイン記事をフィルタリングすることができます。 タグは100以上あり、随時拡充していってます。お好きなワインが見つかれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました